[PR広告]本当に効果のあった勃起不全薬とは? [PR広告]これを読めば融資はバッチリ! [PR広告]ブラックでも大丈夫!信用情報を見ない銀行はどこ?
ランキング
記事のランキング
1
ヤクルト本社 ニュースリリース

期間限定アイテム「ジョア アップル」に「クリスマス限定 ディズニー ティンカー・ベルデザイン」が登場

期間限定アイテム「ジョア アップル」に「クリスマス限定 ディズニー ティンカー・ベルデザイン」が登場

...
2
『燕のためいき』東京ヤクルトスワローズファンブログ

ムーチョの活躍と元パ・リーグ勢の活躍で今季初勝利!

3月30日阪神戦 神宮この日は昨年座り慣れた席を確保でき、美味しくカレーも食べました試合は、、、やっと勝ちました!今季初勝利ヒーローは、成瀬投手に、鵜久森選手でしたが、この二人のだけでなく、大引選手の先制タイムリーや守備ではファインプレー。坂口選手のマルチなど元パ・リーグ勢が活躍した試合でした。ヒーローインタビューは大盛り上がりでしたね。しかし、忘れてはいけないのがムーチョ中村悠平選手のホームランとタイムリー!ずっとヒットが出ていなかった要の選手にホームランを含むマルチが出たのは、チームにとっても大きいと思います。そして、シーズン開幕からずっと安定しているのが川端慎吾選手。この日は猛打賞。畠山選手にもしっかり2打点。打線にもいよいよ火がついて、楽しみになってきました。いまは順位など気にすることなく、とにかく「普段通りの野球」を続けていれば、きっといい結果がついてくると思います。昨日は目の前のヤクルトファンが阪神が点をいれるこどに喜び拍手してイラっとしましたが、まぁ、いままでの連敗の不甲斐なさからの言動でしょう。なんだかなぁ。さぁ、今日はデイビース投手が先発。応援でチームを後押しして、連勝でカード勝ち越しを目指しましょう!今日もスワローズはいいぞ!追伸 ゴメス!何度もポロリをありがとう

...
3
東京ヤクルトスワローズスタジアムDJ パトリック・ユウオフィシャルブログ「Go!Go!Swallows!」Powered by Ameba

ファン感2016

ファン感始まりましたー(^^)朝早くから多くのスワローズファンが来られていて賑わってます

...
5
ツバメ速報@東京ヤクルトスワローズまとめ

山田哲人、テレビ東京鷲見玲奈アナと交際発覚(ソースあり】

1: 風吹けば名無し 2016/07/22(金) 07:55:10.61 ID:mKvdTsdgd 続きを読む

...
6
『燕のためいき』東京ヤクルトスワローズファンブログ

ルーキー原樹理投手への期待値と開幕3連敗について

ルーキー原樹理投手は要所要所でボール先行していまう四球があったのが気になりましたが、シューと落ちる球のキレがよく、1年間ローテーションを守ってもらえるような期待をしてしまうピッチングで、6回を1失点と好投。しかし、試合は一時山田哲人選手のホームランで同点に追いつき、四番畠山選手のタイムリーで今シーズン初の勝ち越しを決めたものの、その裏すぐに3番手秋吉投手が先頭打者ライト前ヒットの讀賣坂本をおいたツーランホームランをギャレットに打たれ逆転されその後もヒットを打たれ降板と8回裏にきて痛い失点と降板。中村捕手のリードを色々言う人もいるようですが、それ以前に秋吉投手の「キレ」が無かったように感じました。そもそも要求している球がいってなかったような気がします。秋吉投手は去年の優勝を支えてくれた投手の一人。開幕から打線が好調の讀賣打線を意識していたのかどうか定かではありませんが、「かわすピッチング」から入っていった印象を受けました。秋吉投手の良さは、グイグイ攻めるピッチングだと思います。それによって「キレ」も出てきて、多少コースが内側に入っても痛打はされない。今日はボール先行で、カウントが悪くなったところで内側にスーッと投げてしまうところをギャレットが見逃さなかったような印象。秋吉投手にはもっと打ち取ってくるんだという強いイメージを持って次回マウンドに上がってもらいたいです。中村捕手の打撃がまだ低迷していますが、まだまだ3試合終わったところ。ここは暖かく見守り結果が出るのを待つしかないし、27番を口にしているくらいですから、周りがあれこれ言わなくても彼自身が一番分かっているでしょう。僕の場合は、何より中村捕手を脅かすくらいに二番手の捕手が出てこないことには、中村捕手の背番号27番はないと思ってる口なので、西田捕手、田中雅彦捕手、井野捕手の誰かが出てきて欲しいところ。3連敗はしましたが、三、四番の山田哲人選手、畠山選手を軸としたほか上位打線も結果を出してきているので、次の阪神戦の神宮での初戦の藤浪をいかに攻略するかが、前半戦を巻き返す打線の鍵になる気がします。中継ぎ抑えは言うまでもなく前述の秋吉投手、ルーキ投手、ペレス投手、そしてオンドルセク投手が如何に昨年のような後半の抑えをしてくれるか。とにかくキレと制球力で、相手打線をねじ伏せてもらいたい。それには、昨年のバーネット投手のような攻める投球が不可欠かと思います。そうすれば原樹理投手にも「勝ち星」がついて回りさらにプロとして自信がついていき1年間の活躍を期待できるかと思います。気になるのは、杉浦投手はどんな使い方をするのか。以前の石山投手のような使い方になるのかな。一軍登録された村中投手もどんな成長をしての一軍登録かを見てみたい気もします。誰かが調子悪ければ、誰ががそれを補う。そんなスワローズらしい野球を期待しています。29日からの神宮では、ファンの声援の後押しでチームを勝利に導きましょう!では、今日はこのへんで

...
7
東京ヤクルトスワローズスタジアムDJ パトリック・ユウオフィシャルブログ「Go!Go!Swallows!」Powered by Ameba

神宮室内でキャンプ!?

バースデーメッセージみなさんどうもありがとうございます♫PAT 48 よろしくお願いします(笑)さてスワローズは現在キャンプ中ですが、僕が監督兼プレーしている球団ゼッツは1日だけのキャンプを!それも神宮室内練習場で(^^)チームが神宮を離れていることもありお借りしてやらせていただきました。普段はスワローズ選手達が練習しているところで出来て最高にハッピーだったな。いい仲間と、声だして、いい練習ができたな(^^)さぁいよいよ明日から沖縄です!!オープン戦で声を出すアナウンスのキャンプにします(^^)

...
8
ヤクルトファンの日記

2017ヤクルトのドラフト(2)

過去記事はこちらから→「2017ヤクルトのドラフト(1)」、「2017年もドラフト関連のコメントを募集します。」皆さんからドラフト関連のコメントを頂き、ありがとうございます。今日は皆さんから頂いたコメントも参考にしつつ記事を書いてみたいと思います。今日のテーマは主に2つ。①清宮を外した際の外れ1位の選択肢。②スラッガー候補の獲得。この2点で書いていきたいと思う。まずは①清宮を外した際の外れ1位の選択肢についてである。清宮に入札する事を前提で記事を書かせてもらうのだが、この外れ1位の選択は非常に難しいものになりそうである。個人的には今年のドラフトは「野手中心」で行ってもらいたい気持ちがあるため、出来れば野手の獲得を模索してもらいたいのだが、そう簡単に獲得出来るものではないと感じる。清宮以外で野手のドラ1候補となると長距離砲の安田(履正社)、スーパー捕手の中村(広陵)、野球小僧増田(横浜)、総合力の高い遊撃手宮本(奈良学園大)辺りではないかと感じる。この中で中村はすでに広島辺りが1位入札を考えているとの報道もあり、外れ1位では残っていない可能性が高いし、そもそもヤクルトの補強ポイントと合致してこない部分がある選手だと感じる。安田に関しても清宮と同タイプの長距離砲と言う事もあり、清宮への入札を避けて安田入札に踏み切る球団があってもおかしくないと感じているため外れ1位で残っている可能性は薄いかもしれない。そうなると残るのは増田と宮本なのだが、宮本は守備が良いため個人的には狙っても良いかな?という気持ちもあるのだが、奥村、廣岡、渡邉という若手が育ってきている事を考えると補強ポイントに合致しているとは言い切れない(もちろんこれらの若手に刺激を与えるために指名するという方向性もなくはないのだが…)。そうなると残るは増田である。しかしこの増田1位評価というのは少し過大評価と感じている人も多いのではないだろうか?ヤクルトは2位指名がロッテに次ぐ2番目のため、場合によってはこの増田が残っている可能性がある。14番目の男として増田を指名するチャンスもありそうである。しかし個人的には増田の評価は高く、アスリート型の外野手はヤクルトの補強ポイントとも合致してくるため、もし外れ1位で増田に向かったとしてもケチを付ける気にはなれない。私の理想は、「マッツーさん」のコメントと同様に1位清宮、2位増田なのだが、清宮を外してしまった場合には増田を繰り上げて1位で指名しても良いのではないかと感じている。しかしあくまでも2位で増田を狙うのであれば、1位指名は投手の獲得に切り替えるのも「あり」ではないだろうか?個人的に好きなのは田嶋(JR東日本)、東(立命館大)の今ドラフトの即戦力サウスポー2トップ、もしくはしなやかなフォームから素晴らしいボールを投げ込む石川(青藍泰斗)辺りなのだが、昨年のドラフトで寺島、星、梅野というがっちり系の投手を多く指名した事を考えると鈴木博(ヤマハ)、近藤(岡山商科大)、馬場(仙台大)辺りの指名もあるだろうか?清宮の外れ1位でどのような選択をするかで2位以降の指名にも影響が出てきそうである。個人的には繰り上げて増田の指名では悪くはないかな?と感じているのだが、皆さんはどのように感じますか?昨年の寺島のように情報戦を制して清宮を回避して安田入札という手もなくはないのだが…少し逃げ腰に感じてしまう部分もある。続いて②のスラッガー候補の獲得についてである。これに関しても清宮を獲得できればそれに越したことはないのだが、複数球団が清宮入札を検討している中で当たりくじを引ける確率はそう高いものではない。その際に生粋のスラッガー候補の獲得に向かってもらいたい気持ちがあるのも事実である。ヤクルトはここ10年打撃に特徴のあるスラッガー候補の獲得はほとんど行ってきていない。強いて言えば2009年の松井淳、2010年の又野、2014年の原泉、2015年の廣岡辺りだろうか?(山田、川上はどちらかというと三拍子揃ったアスリートタイプかな?と感じたため名前を入れませんでした。)このうち又野、原泉は1軍での戦力にならないまま早い段階で戦力外となってしまった。松井淳もレギュラーを確保するには至らず、この手のタイプの育成の難しさを感じる結果となっている。廣岡に飛び出す気配はあるのだが、畠山がベテランの年齢となり、成績が下降気味であり、バレンティンも大きな上積みは期待できない状況である。そうなると和製大砲は1,2枚戦力に加えたい所である。まだプロ志望届けが出揃っていないため何とも言えない部分もあるのだが、清宮以外の候補としては、先程から名前を出している安田、この秋にホームランを量産している岩見(慶応大)、波は大きく粗さも目立つが個人的に推している笠松(立大)、九州のベーブ・ルースと称された村上(九州学院)、サイズがあってアベレージも残せる丸子(JR東日本)、調子を落としているようだ長打力に定評のある谷田(JX-ENEOS)辺りが候補に上がって来るだろうか?安田以外は3位以降の指名になる可能性が高いのかな?と感じていたのだが、岩見については5試合連続ホームランで一気に評価を高めてきている印象である。清宮を獲得出来なかった場合にはここに名前を挙げた選手でなくても良いのだが、スラッガー候補を1枚は指名したいところではないだろうか?個人的には岩見、丸子、谷田に関しては、1年目から2軍で今シーズンの原泉の成績は確実に上回れるという確証がある中で獲得に向かってもらいたいと感じている(笠松については、サードが守れる事と伸びシロがあるように感じるため、即戦力というよりは2~3年後の戦力として考えたい。)。もちろん無理にスラッガータイプを獲得する必要はないと感じる。山田のようにアスリートタイプが30本以上のホームランを放てる打者に成長する事もある。しかし原泉を戦力外にしたことで日本人の若い長距離砲が枯渇気味なのも間違いないだろう。そうなるとやはりスラッガータイプの選手は魅力的に映ってくるのは確かである。この手のタイプの選手の獲得はあるのだろうか? にほんブログ村 parts(861955,"FFFFFF","600","001eff",600000,"15","700","outrank","http://fiys.blog.fc2.com/", 2, 2, "F7F7F7", "001eff");

...
9
東京ヤクルトスワローズスタジアムDJ パトリック・ユウオフィシャルブログ「Go!Go!Swallows!」Powered by Ameba

ファミチキ先輩&夕焼け

一昨日はヤクルトマンで虹

...
10
つばみオフィシャルブログ「つばみブログ」Powered by Ameba

人気もの。

おはみ〜いま起きた〜ミニちゃんはまだ夢のなかです!そんなミニちゃんズがまたお嫁入り???とある日の話。つばみがぼーっとしていると視線が。。。「お疲れ様です!」あらきくんでした。あらきくんはあいさつだけして去っていきました。するとなぜかまた戻ってきてじっとつばみを見つめてました。そして「つばみさんのぬいぐるみってあるんすか?」おっと!なんと急に!!つ「ありますよ!小さいですけど。」あ「あるんですか!!!」なぞの沈黙。。。もっ、もしや!つ「ほしいですか?」あ「ほしいです!」ということでなんとなんとミ

...
1 | 2 | 3 | 4 | 5

このページのトップへ